文字サイズ
標準
大きく

機能性食品の基準作りのなかで・・・

   食品の「機能性表示」の基準作りの期間も、学会や学会主催のメディアセミナーなどでさまざまな情報や経過報告がされていました。
びっくりすることも、たくさん!

   流通しているサプリメントを調べてみたところ、パッケージに印刷してある原材料の配合量よりも少なかったり、売れ始めると配合量を減らしていたり、(表示どおりなのはファーストロットのみとか)ひどいモノがたくさんあったそうです。

   商品名やメーカー名は公表しませんでしたけれどそういう情報は、機能性表示に関わった委員会の方々、消費者庁・・・もっと上のあそこにもあちらも把握しているでしょう。

   「機能性食品」はあくまでも「食品」に分類されるので表示はメーカーの責任で行います。
が、今までの製品作りがどうだったのかは関係機関ではかなり把握されているようなのでメーカーさんには表示に偽りのない、いい製品を作っていただきたいなと。

   日本の製品は、引続き、信頼できるものであって欲しいです。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット