文字サイズ
標準
大きく

働く女性の深刻な悩み、便秘 ストレス増幅の悪循環型が危ない

   国の統計によれば便秘に悩む人は、およそ500万人と推計される。とりわけ女性は男性の約2倍の割合だ。働く女性を対象とした最近の意識調査によると、便秘の症状があるときほどストレスは高まる傾向にあることがわかった。

   製薬会社のアボット ジャパンは、便秘に関する意識調査の分析結果を2014年11月11日に発表した。それによると、同年5月に行った調査のうち、直近1年間に便秘の症状があった男女2万9161人の中から、「便秘の自覚症状として仕事や家事が億劫になり困っている」と回答した人を抽出して、追加調査を行った(期間は6月20日~24日、インターネット調査による)。

自律神経を介して脳と腸は密接な関係がある

便秘にもタイプがあるって知ってた?
便秘にもタイプがあるって知ってた?

   そのうち、「便秘が原因で仕事が億劫になった」と回答した20代以上の働く女性194人を対象に分析した。まずは、ストレス度を10段階に分け、1~3を「低ストレス」、4~7を「中ストレス」、8~10を「高ストレス」として、ストレスの強さを評価してもらった。すると、「高ストレス」を選んだ人は、便秘の症状がないときは12%だったのに対し、症状があるときは69%とかなりの差が出た。

   また、彼女たちの生活習慣で当てはまる項目を選んでもらうと、複数回答で多い順に「ストレスを受けやすい環境で過ごすことが多い」(60%)、「甘いものをよく食べる」(59%)、「定期的に運動する習慣がない」(57%)。一方、職業特性については「座りっぱなしでいることが多い」(53%)、「なかなかトイレに行く時間が取りづらい」(29%)、「立ちっぱなしでいることが多い」(27%)だった。

   便秘の原因はいくつかあるが、ストレスもそのひとつだ。ストレスによって便秘になり、それによってさらにストレスが高まるというのも皮肉な「悪循環」で、身体的な自由度が少ない職場環境に縛られているとなれば、現代病と言えるのかもしれない。

   自律神経を介してつながる脳と腸は「脳腸相関」と呼ばれる密接な関係がある。脳がストレスを感じると、大腸に影響して腹痛や便秘などの症状となって現れるのはそのためだ。しかも、引き起こされた症状によって、今度は脳がストレスを感じるという。ストレスが増幅される悪循環となる。ストレスで自律神経が乱れれば、皮膚の血行が悪くなり、そのせいで肌荒れが起きるから、女性にとっては悩ましい限り。便秘がひどい場合は医師に相談する手もあるが、予防や解消によい方法はないか。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット