文字サイズ
標準
大きく

「肥満症」の予防目指す日本肥満症予防協会 専門医や企業が参加

   「内臓脂肪を減らして、健康に!」。このキャッチフレーズの下、一般社団法人「日本肥満症予防協会」が2015年1月9日から活動を始めている。

   「肥満症」とは、肥満が原因か肥満に関連した健康障害があり、医学的に減量を必要とする状態を指す。糖尿病や脂質異常、高血圧に加えて心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化性疾患の原因となる。最近ではがん、認知症、SAS(睡眠時無呼吸症候群)、筋肉や骨に障害が起き移動が困難になる「ロコモティブシンドローム」を引き起こすことも明らかになってきているという。

   同協会には、肥満症の関連疾患の臨床を行っている医師や各分野で活動する医療スタッフ、保健指導スタッフ、健康維持や肥満症の予防に関心を持つ企業が参加し、健康情報の提供をおこなっていく予定だ。

医師・専門家が監修「Aging Style」

日本肥満症予防協会 http://himan.jp/
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット