文字サイズ
標準
大きく

すべてのレジデントと指導医のために 「レジデントのための感染症診療マニュアル」が改定

   青木眞先生の「レジデントのための感染症診療マニュアル」が改定されました(2015年3月、第3版)。本書の存在は日本の臨床感染症学の方向性を大きく変えました。歴史に残る名著です。現在、臨床感染症に関わる関係者で、本書に救われた体験のない者は皆無でしょう。

as_20150331130845.jpg

   しかし、です。本書の本質はあまり正しく理解されていません。ターゲットとするオーディエンスには届いていないからです。正しいオーディエンスに「マニュアル」を届けることが、本稿の主たる目標です。要するに、「マニュアル」を使いこなしている人はどうせ第3版も購入されるに決まっていますから、本稿は読まなくてもよいです。

   では、「正しいオーディエンス」とはだれか。  それは、全ての研修医(レジデント)とレジデントを指導する、全ての指導医です。大きく出ましたね。でも、誇張ではありません。以下に、その根拠を述べます。

   本書の初版は2000年に誕生しました。「発熱患者を抱えて途方に暮れているインターン、抗菌薬を次から次へと替えても熱が下がらず焦っているレジデント、肺炎の改善がみられず諦めかけている若い医師、無数の感染症治療薬に窒息しかかっている学生」(初版序より)のために作られたマニュアルだったのです。

   当時の目的は、ほぼ達成されたと言ってよいと思います。現在、「途方に暮れている」研修医たちは、まず間違いなくこの「マニュアル」を読んでいます。そんなわけで「途方に暮れていた」2000年以前の状況はほとんど払拭されたはずです。もっとも「マニュアル」以降も、「マニュアルに書いてあることと指導医の言っていることの齟齬」という新たな問題に「途方に暮れている」研修医は今も大量に存在していますけれども。

   でも、こうも思うのです。「困っている研修医」はまだマシなのだ。問題なのは「困っていない」研修医なのだ、と。  感染症診療で「うちはちゃんとやってますよ」「困ってませんよ」という病院はほぼ100%感染症診療の質が低い病院です。なぜ質が低いのかというと、問題があることすら認識ができていないからです。

おざなりな診察、見当違いな検査...

   おざなりな診察、見当違いな検査、的はずれな治療をしているのに気づかない。だから、「困らない」。患者の治療がうまくいかなくても、「いや、セプシスでもってかれたねえ。そういうこともあるよ」と問題意識を持たない。

   海堂尊氏は日本を「死因不明社会」だと断じましたが、多くの医者は「なぜうまくいかなかったかを真摯に謙虚に検討しない」という点で、ぼくは海堂氏と同意見です。学会に行けば、「なんとかマイシンで救命できた一例」といった武勇伝、武勇伝。失敗から学べない体質がここに象徴されています。

   まっとうな病院に行けば、たいてい「うちの感染症はまだまだです。いろいろご指導ください」と真摯に謙虚に言われます。逆説的に、そういう病院の感染症診療は、それほど悪くない。

   研修医でも「困って」「悩んで」いる場合はまだ救いがあります。上の先生から言われたことを鵜呑みにして、そこに悩みすら生じていない研修医こそが問題なのです。

   研修医の目標は、「優秀な研修医になること」ではありません。「上の先生の言うことを上手にこなせること」ではありません。将来、優秀な指導医になる事こそ研修医の目標なのです。そして、優秀な指導医とは「悩むべき時に悩むことができる」指導医とほぼ同義語です。悩まない研修医は(そして指導医は)、はっきり言って危うい。

   なので、感染症診療で「困ったことのない」研修医はぜひ本書を手にとって読んでください。(医学書院さんと青木先生には悪いけど)最初は立ち読みだって構わない。見た目の分厚さにだまされてはいけません。まずは、第1章の「基本原則」と第5章の「発熱患者へのアプローチ」だけでよいから、通読してほしいのです。それぞれ数十ページしかありません。本書には驚くほどテクニカルな言葉(業界用語)がありませんから、読み通すのはさして苦痛ではないはずです。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット