文字サイズ
標準
大きく

肥満より断然怖い運動不足 死亡リスク2倍にご注意!

   肥満は生活習慣病のリスクを高め、心筋梗塞や脳卒中など、死につながるおそろしい病気を招く「万病のもと」だ。しかし最近の研究結果から、肥満より危ないのは「運動不足」だということがわかった。

1日20分の早歩きでリスク減

肥満よりも運動しないことのほうが怖い
肥満よりも運動しないことのほうが怖い

   英ケンブリッジ大学の研究チームは運動と死亡リスク、および肥満との関係を探るため、12年間にわたってヨーロッパの334,161人の男女を対象に調査をした。研究チームは参加者の身長、体重、腹囲を測定し、BMI値(肥満度)を算出。BMI値が18.5~25未満の人は標準体重、25以上30未満は過体重、30以上は肥満とした。また、日常生活でどのくらい運動をしているかを調べたうえで、参加者を「運動している」「そこそこ運動している」「あまり運動しない」「運動しない」の4つのグループに分類した。そのうち「運動しない(座り仕事が中心で、休日にもほとんど体を動かさない)」人は22.7%だった。

   研究者らは、1日20分の早歩き(消費カロリー90~110kcalに相当)をすると、「あまり運動しない」もしくは「運動しない」人々の死亡リスクが16~30%減少すると見ている。また、「運動しない」グループが、「あまり運動しない」レベルになるだけで、死亡数は7.35%減少すると推定している。

   一方、肥満の人のBMI値を下げることによる死亡数の減少は3.66%にとどまるというから、その差は2倍。肥満よりも運動不足の方が深刻だということがわかる。

   これを2008年のヨーロッパにおける死亡者に当てはめて分析したところ、死亡した920万人のうち、肥満が原因で亡くなったと考えられるのは337,000人であるのに対し、運動しないことが原因と考えられるのは、その約2倍にあたる676,000人にのぼったという。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット