文字サイズ
標準
大きく

「トランス脂肪酸」摂りすぎは危険 心臓に悪いし、記憶力も低下する

   摂り過ぎると心臓疾患のリスクが高まるとされ、欧米では使用が規制されるケースもある「トランス脂肪酸」。最新の研究では、記憶力が低下する傾向にあることが報告されている。

   トランス脂肪酸は、牛肉や乳製品などに微量に含まれる天然由来のものと、人工的に生成されるものがある。人工の方は、液体の「植物油」に水素を添加して硬化させ、固体の「油脂」を製造する工程で生成される。これを原料とするマーガリンやショートニング、さらにショートニングを使用して作るパンやケーキ、スナック菓子、揚げ物などに含まれている。

思い出せた単語に約10%の差

おいしくても食べ過ぎに注意
おいしくても食べ過ぎに注意

   トランス脂肪酸は、血中の悪玉(LDL)コレステロールを増やし、善玉(HDL)コレステロールを減らす働きがあり、日常的に多量に摂取すると心臓疾患のリスクが高まるとされる。日本での1日あたりの平均摂取量は0.7g、摂取エネルギーに占めるトランス脂肪酸の割合は0.3%と推計されている。世界保健機構はこの割合を1%未満とするよう勧告しているので、日本人の平均的な食生活なら心配なさそうだが、偏った食事を続けている場合は注意が必要だ。

   欧州(14カ国)での1日あたりの平均摂取量は1.2~6.7g、摂取エネルギーに占める割合は0.5~2.1%、米国では同5.8g、同2.6%ほどと見られ、摂取量が多くなりがちな欧米ではとりわけ関心が高い。たとえばニューヨークでは飲食店での使用に規制がある。そんな中、米国心臓協会主催の学会で2014年11月18日、トランス脂肪酸の摂取量が多い人ほど記憶力が低下する傾向にあるとした、カリフォルニア大学サンディエゴ校のビアトリムス・ゴロム医学部教授らの研究結果が発表された。

   それによると、心臓病と診断されていない20歳以上の男性約1000人を対象に記憶力のテストを行った。テストは、単語の書かれた104枚のカードを提示して、それぞれの単語を初めて見たか、既に見たかどうかを尋ねた。なお、研究チームは食事に関するアンケートで、参加者のトランス脂肪酸の摂取量を推定した。

   すると、働き盛り世代に当たる45歳未満の参加者で、トランス脂肪酸を多く摂取していた人ほど、テストの成績は著しく悪かった。トランス脂肪酸の摂取量が1日に1g増えると、正しく思い出せる単語は約0.76単語少なくなったという。また、摂取量が最も多かった人たちは、最も少なかった人たちに比べ、思い出せた単語が10%以上(約11語)少なかった。なお、正しく思い出せた単語の数は平均86個だった。

   トランス脂肪酸の摂取量と記憶力低下の関係について、直接的な因果関係は分からないようだが、ゴロム教授は仮説として、トランス脂肪酸が体内の酸化を促した可能性を指摘している。酸化は、体内で「活性酸素」が過剰に発生することで進行する。余分な活性酸素は老化、がんや動脈硬化などの原因となる。記憶にとっても悪影響なのだろう。それならば、脳に良くて、積極的に摂取すべき食材はないものだろうか。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット