文字サイズ
標準
大きく

「1日1ハグ」で心も体も健康に 風邪の新しい予防策になるかも

   風邪ウイルスがまん延するこの時期。通勤電車の中でもマスクをしている人が目立つ。風邪の予防には、うがい、手洗いをこまめに行うことが基本だが、最近の研究から新たな予防策が見つかった。大好きな人に毎日ハグ(抱擁)してもらうことだ。

ハグがストレスによる風邪を撃退

毎日ハグして健康になろう!
毎日ハグして健康になろう!

   空気が乾燥すると鼻やのどの粘膜が乾燥し、体の防御機能が低下するため、ウイルスに感染しやすくなる。冬に風邪がはやるのはこのためだ。そこにストレスが重なると免疫力が低下して、さらに風邪をひきやすくなる。風邪予防には、うがい、手洗いに加え、ストレスをためないことも大切だ。

   ストレスの解消法は人それぞれだが、好きな相手に抱きしめられると気持ちが落ち着くという人も多いだろう。近年、その効果が科学的に解明されつつあり、ハグ(抱擁)がストレスの軽減や風邪予防に効果的であるという研究結果も報告されている。

   米カーネギーメロン大学心理学部のシェルドン・コーエン教授率いる研究チームは、「ソーシャルサポートがストレスによる病気を防ぐ」という従来の仮説を実証するため、実験を行った。ソーシャルサポートとは、心理学用語で、悩みを聞いてくれたり、気分転換に誘ってくれたりといった周囲の人々からの支援を指す。研究チームは、他者とより親密な関係にあることを示すハグを、ソーシャルサポートの一例として検討した。

   調査は404人の健康な成人を対象に実施された。ソーシャルサポートに関するアンケートに加え、2週間続けて電話インタビューを行い、対人問題が起きた頻度とハグされた回数を聞いた。その後、参加者を風邪ウイルスにさらし、感染状態や病気の兆候を観察した。

   その結果、ソーシャルサポートが対人ストレスに関連する感染リスクを減らすこと、ハグにも同様の効果があることがわかった。また、感染した人のうち、対人問題を抱えているかどうかに関わらず、ハグされた回数が多い人や、ソーシャルサポートを受けているという認識が強い人ほど症状が軽い傾向にあった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット