文字サイズ
標準
大きく

産学連携でがんの大規模な遺伝子解析 新たな治療への道開く

   独立行政法人国立がん研究センターは2015年3月10日、全国の医療機関、大学・研究機関、製薬企業10社と協力して産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」を立ち上げ、参加機関の登録を開始したと発表した。

   SCRUM-Japanは、全国の医療機関から提出されるがん検体(組織の一部)の大規模な遺伝子解析(ゲノムスクリーニング)をおこない、治療の対象となる特定の遺伝子に異常をもつがん患者を見つけ出し、解析の結果に基づいた有効な治療薬を届けるもの。これにより、有効な治療手段のない希少な遺伝子異常をもつ患者に新たな治療への道を開く。

   研究で得られる遺伝子情報と診療情報はデータベース化され、個別化医療(個々人の病態に合わせて提供する医療)や医薬品開発の基盤システムとしての活用を予定している。

医師・専門家が監修「Aging Style」

国立がん研究センター
http://www.ncc.go.jp/jp/index.html
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット