文字サイズ
標準
大きく

がん「罹患」状況、地域によって特色 国立がん研究センター

   国立がん研究センターは2015年3月26日、2011年にがんに罹患(新たにがんと診断されること)した全国推計値を算出し、報告書にまとめたと発表した。この中で、都道府県ごとに主要ながんの罹患、死亡状況を算出し、地図上に示した。

as_20150406125649.jpg

   2011年の全国のがん罹患数は、男女計85万1537人。部位ごとに全国の罹患状況の特徴を見ると、胃がんでは男女ともに日本海側の県に集中している傾向が見られた。大腸がんでは罹患比、死亡比ともに北海道、東北、山陰で高い傾向にあった。また肺がんは、男性が海道と青森県、近畿地方で罹患比と死亡比がいずれも高いとの結果となった。

   今回使われたデータは、全国の「地域がん登録」のもので、2011年分は40道府県が提出した。[J-CASTニュース2014年3月27日掲載]

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット