文字サイズ
標準
大きく

妊娠望む女性は「風しん」の抗体検査を 「無料で実施」厚労省呼びかけ

   厚生労働省は2015年3月31日、「先天性風しん症候群」の予防のために、主に妊娠を望む女性を対象に、風しんの抗体検査(免疫の状態を調べるための血液検査)やワクチン接種をおこなうよう呼びかけた。

   先天性風しん症候群は、免疫のない女性が妊娠初期に風しんにかかることで、胎児が風しんウイルスに感染し、先天性心疾患、難聴、白内障などの障害を引き起こす感染症。それ自体に治療法はなく、生まれてくる子どもに深刻な症状を引き起こす可能性が高いことから、厚労省は2020年までに風しんの「排除達成」を目標としている。

   厚労省によると、多くの自治体では先天性風しん症候群の予防のために、女性の抗体検査を無料で実施しているという。検査を希望する場合は近隣の保健所に相談するよう、促している。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット