文字サイズ
標準
大きく

新エボラワクチン、サルで有効性確認 東大医学研究所

   東京大学医学研究所は2015年3月27日、新しいエボラウイルスワクチンを開発し、サルで有効性を確認したと発表した。

as_20150406124819.jpg

   遺伝子の一部を欠損した変異型のエボラウイルスを作成。変異ウイルスは特定の細胞でしか増殖せず、過酸化水素水で不活性化(ウイルスの毒性を除去)されているため、安全性も高いという。この変異ウイルスを利用したワクチンをサルに接種し、致死量のエボラウイルスを接種したが感染せず、エボラ出血熱の症状も発症しなかった。

   西アフリカで流行しているエボラ出血熱の感染者は2万4000人以上、死者は1万人を上回っているものの、いまだに有効なワクチンは開発されていない。東大医学研究所によると、現在3種類のワクチンが臨床試験をおこなっているが、安全性や効果に疑問があるという。今後、新ワクチンの早期実用化を目指す。

医師・専門家が監修「Aging Style」

東京大学医学研究所URLhttp://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット