文字サイズ
標準
大きく

皆さん歯を大事にしましょう

   アンチエイジングの三割は歯科が寄与するところ、とは僕の持論である。歯周病は全身病と言う現実のほかに、自分の歯で噛むことが認知症の予防にも繋がるとも言われているl。

   僕の親父はゴルフ好きの内科医で100歳まで現役ゴルファーだったが、93の時に3度目のエイジシュートを達成している。

   その100歳の誕生日をオークラのレストランで祝った時、 "何になさいます?"

との馴染みのウエイターの問いかけに

"お前らが喰えと言うからステーキを食ってやる。"

と親父は答えた。

実は親父は「玄米菜食」を旨としているが、本当は肉も甘いものも大好きなのに普段はやせ我慢しているのだ。

"でヒレ、サーロインのどちらで?"

"無論サーロインだ"

半ポンドほどのサーロインをペロリと平らげたところで、

"如何でした?"

とウエイター。

"味は良かったが歯ごたえが無い"

というのが、最上級にテンダーな牛肉に対する親父の答えだった。ちなみに100歳の親父の歯は全て自前だった。

   というわけで今日は日本アンチエイジング歯科学会の松尾会長と会食。 場所は昨日に引き続き新丸ビルのオーストラリア レストラン「ソルト」。 会長もオーストラリア産の肉にいたくご満足のようであった。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット