文字サイズ
標準
大きく

テーブル回診LIVE@神戸大学感染症内科: 問題の本質を探究するカンファレンス

   本日発売。例によって「はじめに」を転載して宣伝に替えます。実際にどうなってんの?神大感染症内科、とブラックボックスに興味のある人はどうぞ。ベストレクチャー賞もらったClinical Problem Solvingレクチャーシリーズも再掲しています。

はじめに

    本書は神戸大学医学部附属病院感染症内科のテーブル回診をライブ録音し、それを元に書籍化したものです。録音は2014年5月に行われました。

 

   感染症科、感染症内科の回診のやり方はいろいろあると思います。たぶん、日本では見たことがない、という人が圧倒的に大多数でしょう。日本には感染症科や感染症専門医がいない病院は多いですし、かりに感染症科があっても感染制御のほうがメインだったりしますから。

   神戸大の感染症内科は2008年4月に創設されました。それ以来、感染症診療をずっとやってきました。基本的には(岩田が訓練を受けた)アメリカ型の感染症診療スタイルで、他科からのコンサルトが中心ですが、エイズなど感染症プロパーの患者の場合は自らベッドを持って入院させたりしています。

   本書をご覧になればお分かりいただけるように、いろいろな科からコンサルトの相談を受けたり、血液培養陽性をモニターして、こちらからコンサルトを提案したりしています。午前中にローテート中の初期研修医や感染症後期研修医(フェロー)が患者を見に行って、午後に指導医たちとテーブル回診をし、その後ベッドサイドに新患や問題のある患者を見に行く、というのを基本スタイルにしています。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット