文字サイズ
標準
大きく

iPS細胞の腫瘍化リスク低減する薬剤開発 再生医療の安全性向上に期待

産業技術総合研究所と和光純薬工業は、移植用細胞が腫瘍化(がん化)する原因となる、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)を除去する薬剤を開発したと、2015年4月10日に発表した。

   ヒトのiPS細胞、ES細胞は無限に増殖できる能力(自己複製)や、あらゆる細胞に分化する能力(多能性)を持ち、さまざまな疾患を根本的に治療する再生医療用の細胞として期待されている。しかし、すべてを目的の細胞に分化させることは難しく、患者に移植した場合、分化していない細胞が腫瘍化してしまう可能性があった。

as_20150406124819.jpg

   今回産総研は、移植用細胞の培養液に加えるだけで、未分化のiPS細胞やES細胞のみを除去する薬剤の開発に成功。1年以内に実用化する予定としている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事