文字サイズ
標準
大きく

ミセス5月号「美容医療でしみをとる」

   発売中のミセス5月号。安田成美さんの表紙です。 特集は彼女が旅するベルギーのブルージュ。

    美容ページは美白。しかも"しみを取る"ことにフォーカス。私は、「美容医療でしみをとるなら」という視点で原稿を書かせていただきました。

as_20150417141849.jpg

   シミなんてレーザー1発でぺろっと取れてしまう、なんて思ってませんか? シミにはいろんな種類があって、適した治療法が違うのです。 アフターケアも必要だし、目立たなくするまで時間のかかるものもあるんです。

   だから、医者選びが重要ですよ、などということを書かせていただきました。 (「お話」となってますが、書きましたよん) 編集から「おすすめのドクターを3名」とリクエストされたので3人のドクターとクリニックもご紹介いたしました。

   この方々はレーザーによるシミ治療が始まった頃からそして、IPL(フォトフェイシャルなど)が治療に使われた頃から美容医療に携わり、難しいシミの治療法も研究し学会で発表したり、医師対象のセミナーで講師をしたりされている、経験も技術もピカイチのドクターです。

    ここでご紹介したドクターのお1人、 クロスクリニックの石川先生もブログでシミ治療について書かれていますよ。さすがのわかりやすさです。

   これからは紫外線の強さが増しますから、シミ治療をするならUVケアをしっかりしてくださいね。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット