文字サイズ
標準
大きく

香りこそアンチエイジング

   プルーストの名作「失われた時を求めて」は「香り」からスタートする。

マドレーヌの香りが作者を一瞬にして子供時代の想い出に引き戻す。

それほど嗅覚は人にとって原始的と言うか根源的なエレメントといえる。

それは嗅神経が大脳と直結しているという解剖学的な事実によるのかもしれない。

アンチエイジングの要諦である「和み」をダイレクトにもたらしてくれるのも「香り」と言える。

   といった話題で、先日京都の学会時にお会いするチャンスに恵まれた調香師辻大介さんとはすっかり

as_20150421123626.jpg

   そしてそのとき頂いた眠りを誘う香水のおかげで、それ以来快眠をむさぼっている。 ところで辻さんの奥方はFBで人気の辻(坂井)美紗都さんであることは皆さんご存知でしょう。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット