文字サイズ
標準
大きく

エボラとエイズと国際政治、に思う。

   『ノー・タイム・トゥ・ルーズ ― エボラとエイズと国際政治』

副題が、本の本質を表してるのは珍しいけど、そういう本です。積んどいたのですが、駆け足ながら夢中で読みました。すでに青木先生が紹介されているので屋上屋根を重ねて申し訳ないですが、あえて少し。

白状するが...

   白状するが、ぼくはピーター・ピオットという方を存じ上げない。UNAIDSの活動も世界あちこちでちょこちょこ垣間見るけど、「ふーん、ここでもやってるんだ」という程度で特に注目したこともない。グローバル・ファンドやWHOとの関係なんて考えたこともなかったし。国際エイズ会議も横浜(94)に学生のとき奇縁あって参加しただけで、その後は出ていない。どっちかというと政治的活動が目立つ学会で、CROIのほうがアカデミックには上、みたいに思っているところもあった。医者・科学者目線でよくなかったと反省している。

    ぼくは(ありがちだけど)こういう大きな政治は興味が無いし、あまり近寄りたくないし、「だれか別の人の話」と思っているフシがある。ピオットさんやポール・ファーマーたちがビッグ・ポリティクスにしっかりコミットしてたくさんの成果をあげているのを見ると、申し訳ないことだなあ、とは思うのだけれど。

    もうひとつ、これも恥ずかしい話だが白状しておくと、ぼくはややベルギー人に対して偏見を抱いてきた。植民地の負の歴史もあり、とくにルワンダの虐殺の遠因になったのはぼくのなかでネガティブな印象を作っている。実際、カンボジアなどあちこちであうベルギー人は上から目線で途上国バカにして、という人が多い印象があった(個人の印象で、しかもNはそんなに多くないです)。でも、ピオットさんの本を読んで、当然のことながら、ある国籍の人間にはいろんな人がいるんだな、過度の一般化は危険だな、と改めて反省させられた次第である。

4766421973ノー・タイム・トゥ・ルーズ ― エボラとエイズと国際政治
ピーター・ピオット Peter Piot 宮田 一雄
慶應義塾大学出版会 2015-03-21

by G-Tools
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット