文字サイズ
標準
大きく

朝ごはん食べ続けると成績上がる? 米学校で調査

as_20150430105931.jpg

   米アイオワ大学の研究者が、給食として朝食を提供している学校と提供していない学校の子どもの成績を比較したところ、提供している学校の子どもの成績が上がっていた。

   この研究結果は、2014年12月18日付「Journal of Public Economics」オンライン版で発表されている。

   米国では農務省が中心となって1966年から「学校朝食プログラム(SBP)」が実施されており、低所得層の子ども向けに無料もしくは少額、全額の負担で学校朝食が提供されている。アイオワ大学は無料で朝食を提供している学校と、無料では提供していない学校の平均学業成績を比較。無料で提供している学校では算数、理科、リーディング(国語)の成績が有意に高く、学校朝食の提供期間が長いほど上昇する傾向が見られたという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット