文字サイズ
標準
大きく

中村屋のチキンカレー

   時折、急に食べたくなる料理の一つが中村屋のチキンカレーである。

   インドに行かれた方はご存知でしょうが、インドのカレーは唯辛いだけでなく、タメリックのほかに様々なスパイスが豊富である。

   というわけで今宵はランドマークの中村屋へ。

カレーの老舗、中村屋
カレーの老舗、中村屋

   創業者黒光はインド独立運動の亡命者ラス・ビハリ・ボースを匿っていた。その指導で誕生したのが、中村屋のチキンカレーである。

   限られた経験ではあるが、この昭和2年に誕生したチキンカレーは本場物に最も近いと僕は思う。また、チキンが骨と皮付きなのも嬉しい。

   黒光はまた芸術の愛好家で、ロダンの弟子であった萩原守衛(碌山)の保護者でもあった。黒光の夫愛蔵の浮気に端を発した二人の複雑な関係と相克が碌山の制作の原動力にもなったと言う。

   この昭和初期の日本が凝縮したようなコクが溢れるのが中村屋のチキンカレーではなかろうか、と頷きながら今日も賞味している。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット