文字サイズ
標準
大きく

2015年のがん罹患数予測は10万人増 高齢化も一因

   2015年に新たにがんと診断される「がん罹患(りかん)数」は約98万人、また死亡数は約37万人に達する――。国立がん研究センターが2015年4月28日の発表で、明らかにした数値だ。

がん罹患者数急増予測の理由は?(写真はイメージです)
がん罹患者数急増予測の理由は?(写真はイメージで記事との関連性はありません)

   予測算出には過去40年分の全国がん罹患モニタリング集計や人口動態統計がん死亡数、将来推計人口などを用い、これまでと同じ罹患数、死亡数傾向が続いた場合を前提としている。2015年の罹患数は98万2100人(男性56万300人、女性42万1800人)で、2014年予測値より約10万人増加。大幅な増加の原因として、高齢化が進むことや全国がん登録(医療機関や自治体が一元的に登録・管理するがんのデータベース)の開始が考えられるとしている。部位別罹患数では大腸がん、前立腺がんの罹患が増加するという。

   死亡数は37万900人(男性21万9200人、女性15万1700人)で、昨年の予測値より約4000人増。肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順に死亡数が多いと予測している。

   予測値は後に公開される当該年の実測値と突き合わせ、がん対策でどれだけの罹患、死亡を減らせたかの評価、分析に利用される。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット