文字サイズ
標準
大きく

日焼け止めの、現実的な使用量

   日焼け止めがSPFが15なのか、30なのか、50なのか?

   数値を測るときの基準に合わせると顔全体でこんな量になってしまいます。

500円玉くらい
500円玉くらい

   手のひらの上で広がるような乳液タイプだと、500円玉くらい。

   顔にこの量をつけられればSPFの表示どおりの効果を得られます。

   だからがんばってこのぐらいの量を塗ってね・・・というわけではないです。

   これを改めて伝えたかったのです。まず無理です(苦笑)。

   私も以前試してみましたが、肌の上で流れるしファンデーションはつけられなくなりますよ。実際つけるなら、このくらいですよね

真珠2個分か、小さいアーモンド1粒分くらい
真珠2個分か、小さいアーモンド1粒分くらい

   真珠2個分とか、小さいアーモンド粒くらいかな。測定基準に合わせた量はつけられないことを前提に日焼け止めを選んでくださいね。絶対日焼けしたくない人や、日差しで赤くなりやすい人は高めの数値が安心です。

   週末、外出する方は、そろそろ日焼け止めも持ち歩くことをおススメします。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット