文字サイズ
標準
大きく

熱中症を3段階に分類して診断基準を明確化 日本救急医学会

   日本救急医学会は、これまでの調査や国内外の研究報告をもとに発行した「熱中症診療ガイドライン2015」の中で、熱中症の重症度別診断、診療方針を初めて発表した。

経口補水液などでの水分補給も欠かさずに
経口補水液などでの水分補給も欠かさずに

   ガイドラインでは熱中症を重症度に応じて3段階に分類。「暑い環境にいる、もしくはいたあと」の症状として、めまいや立ちくらみを感じる、大量の発汗がある、筋肉痛などがある場合は「1度」。頭痛や嘔吐(おうと)、倦怠感、虚脱感がある場合は「2度」。意識障害、けいれん、高体温などの場合は「3度」としている。1度であれば涼しい場所で安静を保ち、水分を補給した上で状態を見守り、2度以上であれば速やかに医療機関へ行くよう推奨している。同学会は、こうした診断基準を設けることで周囲の人の判断も容易になり、早期治療につなげ重症化を防げるとコメントしている。

   「熱中症診療ガイドライン2015」は、2015年4月18日より日本救急医学会ウェブサイトに掲載されている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット