文字サイズ
標準
大きく

新しい治療法は"裏メニュー"

   日中は暑いのに朝晩はけっこう肌寒い日が続いてますね。

   温度差にやられたのか急に熱っぽくなることもあって焦ります。

   業界(美容・メディア系)的には風邪も流行っているとか。気をつけたいものです。ひき始めにさっさと治したいものです。

   今週お目にかかった某医師は、患者さんの思いに寄り添い、安全性の高い治療を行うと同時に、勉強や研究を欠かさず、新しい治療法を試し、作り上げている方。

取材場所に向かう途中にある、グリーンウォールな建物クローバー こういう建物が増え、都心も緑が豊富です
取材場所に向かう途中にある、グリーンウォールな建物クローバー こういう建物が増え、都心も緑が豊富です
取材場所に向かう途中にある、グリーンウォールな建物クローバー こういう建物が増え、都心も緑が豊富です

   実はワタクシ、半年以上抱えている不調がありまして。

   進行して命に関わるというものではないのですが。

   一応病院に行き、ネットでも学会や専門医の情報を調べてみたのですが「治療法は確立されてない」という結果にどーん。

   チーン・・・・って感じですが、、、ね。

   こういう現状でも「なんとかしたい」と思い、研究をしてくれている医師がいることも知っているので諦めてはいませんでした。

   というか、このときお目にかかる医師がそういう方でしたので、取材時間外に尋ねてみたところ・・・

   やはり!

   打つ手はありました。

   とはいえ、検索しても出てない治療法です。確立される前の"裏メニュー"というところでしょうか。

   この医師の知識と経験と技術と治療に向かう姿勢を信頼しているので、来月治療していただくという口約束をいたしましたよ。

   どこまでご報告できるかはわかりませんが、治療を受ける側の感覚や経過は細かく医師にご報告しながら行いたいと思います。

   にしても、最初に受診した近所の病院の医師は的外れの検査をして病名すら知らなかった模様。

   誰に診てもらうかって、本当に重要です。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット