文字サイズ
標準
大きく

「握力と寿命に関連性あり」カナダの研究チーム 握力弱くなったら要注意

   カナダ・マクマスター大学の研究チームは、握力が弱いと寿命が短く、心臓発作や脳卒中のリスクが大きくなることが分かったと、医学誌「THE LANCET」オンライン版で2015年5月14日に発表した。

血管の不調が筋肉を弱めている可能性があるという
血管の不調が筋肉を弱めている可能性があるという

   世界17か国の35~70歳、14万2861人を対象に、4年間健康状態と握力を調査。握力測定は、欧米で主流となっている油圧式の「ジャマー型」という測定器具を使用した。その結果、握力が5キロ減少するごとに全死亡リスク(すべての死因を含めたリスク)が16%増加しており、心血管疾患では17%、心筋梗塞は7%、脳卒中は9%のリスク上昇が見られた。また、握力が収縮期血圧(最高血圧)測定よりも正確で確実性の高い死亡予測の指標になることも分かったという。

   研究者は、今後さらに人種による筋力の違いなどを精査し、心不全や脳卒中のリスクが高い患者を特定する、迅速で低コストな検査方法にすることを目指すとしている。なお、筋力トレーニングに疾患予防効果や死亡リスク低減効果があるかは不明だという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文

「Prognostic value of grip strength: findings from the Prospective Urban Rural Epidemiology (PURE) study」 DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(14)62000-6 PMID:25982160
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット