文字サイズ
標準
大きく

健康な食事法でアルツハイマー病発症リスク減 「脳の健康に良い」食べ物はコレだ

   米シカゴのラッシュ大学医療センター研究チームは、「地中海食」と食事療法の「DASH」を組み合わせた新たな食事法「MIND食」によって、アルツハイマー病の発症リスクが最大で53%低下したと発表した。

健康に良い食事を組み合わせてより健康的な食事に!?
健康に良い食事を組み合わせてより健康的な食事に!?

   地中海食は、魚や野菜、果物、ナッツ類を主体にオリーブオイルや赤ワインを積極的に摂取する地中海沿岸国の食事だ。またDASHは米国立心肺血液研究所が開発した高血圧予防の食事療法で、年齢や性別、活動レベルから1日の摂取カロリーを定め、塩分、コレステロール、脂肪を減らし、ミネラルの摂取を心がける。どちらも健康的な食事法として話題になっているが、両者を組み合わせ、より厳密に摂取が推奨される食品とそうでない食品をリスト化したものがMIND食だ。野菜中心で低脂肪という点は地中海食、DASHと同じだが、緑黄色野菜やベリー類など脳の健康によいとされる食品の摂取を強化している。

   研究チームは58~98歳の男女923人に3つの食事法いずれかを試してもらい、5年間追跡調査してアルツハイマー病の発症と食事法の関係を分析した。その結果、毎日の食事を必ず地中海食にした人はどの食事法も実施していない人と比べ54%、DASHの人は39%のアルツハイマー病発症リスクの低下が見られた。一方MIND食は、毎日実施した場合53%だったが、それほど厳密に実施していなくても35%の低下となった。今回の研究はあくまで3つの食事の観察であり、MIND食がアルツハイマー病の予防に効果があるかは不明だが、研究者は「それほど厳格に守らなくてもリスク低下が期待できるなら、健康的な食事の普及に役立つはず」として、今後も研究をおこなう予定だ。

   研究の内容は、米国アルツハイマー協会誌「Alzheimer's & Dementia」2015年3月号に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット