文字サイズ
標準
大きく

注目される「死亡リスク下げる飲み物」 メキシコ系米国人が摂取していたのは

   米テキサス大学の研究チームは、カモミールティーを常飲している女性は飲んでいない女性と比べ、全死亡リスク(すべての死因を含めたリスク)が29%低下していると、2015年5月21日に米老年医学会誌「The Gerontologist」オンライン版で発表した。

ハーブティーとしては一般的なカモミールティー
ハーブティーとしては一般的なカモミールティー

   カモミールはキク科の植物で、欧米では古くからハーブとして利用されており、最古の薬草とも呼ばれている。研究チームはメキシコ系米国人の間で、薬草療法のひとつとして乾燥させた葉や花を煮出したカモミールティーが常飲されていることに注目し、テキサス州を含む米南西部5州に在住する65歳以上のメキシコ系米国人1677人を7年間追跡調査した。その結果、カモミールティーを日常的に飲んでいた235人のうち、女性のみに29%の全死亡リスク低下が見られた。男性では有意な数値の変化はなかったという。女性と男性で差が出たことについて、研究者は「薬草などを用いた家庭医学では伝統的に女性が健康管理を主導し、女性の方がカモミールティーの摂取量が多い傾向にあるためではないか」としている。

   カモミールのどのような成分が死亡リスク低下に関係しているかは不明だが、最近の研究ではコレステロール値低下や抗酸化、抗炎症の効果があることがわかっている。今後は高血糖や糖尿病などの治療薬に利用できないか、研究を続けるという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Chamomile Consumption and Mortality: A Prospective Study of Mexican Origin Older Adults

doi:10.1093/geront/gnv051 PMID:26035879

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット