文字サイズ
標準
大きく

「半身浴は意味がない」に、あースッキリ!

   「林先生の初耳学」で「半身浴には意味がない」と結論づけられてました。今までの取材と自分で試した実感でそう思っていたのですっきりしました。

大好きな
大好きな"濃縮海洋深層水"のお風呂

   美容業界ではなぜかここ10年ぐらい? ずーっと半身浴押し。しかも38度くらいの低温が推奨されていたり。なので、長い間湯船につかってないと体が温まりません(温まらなくて挫折する人もいますね)。30分とか60分入ってる人は珍しくなく、120分という人もいました!

   さてさて。なぜ、「半身浴には意味がない」のでしょう?

   徳島大学総合科学部の先生によると、

   *長い時間じっとしているので、消費カロリーが少ない

   *発汗によるデトックス効果は少ない(デトックス=体内に溜まった重金属の排出は、おもに便と尿で行われます)

   ということで「ダイエット効果もデトックス効果もほとんどない上に長い時間をかけるので意味がない!」ということでした。

   ただ、心臓や肺の機能が弱い人の場合半身浴のほうが水圧による負担が少ないそうです。番組内で、徳島大の先生がお勧めしていたのは40度のお湯に肩までつかる入浴。短時間でしっかり温まるし、浮力がつくのでリラックス効果も高いそうです。

   体が温まることで免疫細胞も活性化しますし、血流がよくなるので栄養が全身に届き、老廃物も静脈からスムーズに回収されます。結果、美肌効果も得られるでしょう。

   半身浴の説明で「肩が冷えるときはタオルをのせましょう」というのを見かけますが、肩が冷えるなら、肩まであたたかいお湯に浸かればいいのです。肩まで浸かれる日本のお風呂で、わざわざ半身浴して肩が冷える・・・って意味がわからない、と思ったのは私だけでしょうか?

   なぜ美容的に「半身浴が良い」ということになったのか? 30年以上この仕事してますが、わかりません。温泉療法や温泉美容の専門家や理学療法士に取材したときも半身浴押しではありませんでした。

   低温浴や半身浴で温まらない、気持ち良くないと感じた方はこだわらずに、40度くらいのお風呂に肩まで入ってみるとか、気持ちいいと感じる入り方を見つけてくださいね。

   ちなみに私は、じっくり温まりたいときは、うちのお風呂の湯温計で41~42度。冬の寒い時期は43度に設定して、体の芯までしっかり温めます。肌の潤いを失わないように、湯冷めをしにくいように、美容的・健康的配慮で入浴剤を使います。

   ひとつ、美容の"都市伝説"に結論が出てすっきりしました。

   とはいえ、半身浴が良いというご意見や研究結果があればうかがいたいと思っています。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット