文字サイズ
標準
大きく

大腸がん発症を下げた「身近な食べ物」 ハーバード大研究、女性は体重減の傾向も

   日本で近年罹患者数が増加し、肺がん、胃がんを抜いて1位になると言われているがんが「大腸がん」だ。加齢や肥満、遺伝が発症リスクを上げるとされるが、米ハーバード大学を中心とした研究チームが2015年5月6日に欧州臨床栄養学誌「European Journal of Clinical Nutrition」オンライン版で報告した内容によると、ナッツ類を食べると大腸がんの発症リスクが下がるという。

ナッツ類は高脂肪なので食べ過ぎには注意を
ナッツ類は高脂肪なので食べ過ぎには注意を

   研究では、ハーバード大学が1976年から実施している「看護師健康調査」に登録されている7万5680人の女性を対象に、ナッツ類の摂取量と大腸がんの発症について、30年間追跡調査した。その結果、28グラムのナッツを1週間に2回以上(56グラム以上)摂取している女性は、ほとんど摂取していない女性に比べて大腸がんの発症リスクが13%低下しており、体重も軽い傾向にあったという。調査対象となったナッツ類はアーモンドやカシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、松の実、ピスタチオ、クルミなどで、加工品であるピーナッツバターは含まれていない。

   研究チームによると、今回の研究は女性のみを対象とした研究で、男性でも同様の効果がみられるかを検証する予定だという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文

Nut consumption and risk of colorectal cancer in women

doi:10.1038/ejcn.2015.66 PMID:25944181
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット