文字サイズ
標準
大きく

日焼けしにくい肌を作る、サマーローションを全身に

   ここ何年か、紫外線が気になる季節には欠かさず使っているゼリータイプのローションがこれ。

デルメッド サマーローション【医薬部外品】150ミリリットル(三省製薬)
デルメッド サマーローション【医薬部外品】150ミリリットル(三省製薬)

   抗炎症効果のある「キンギンカ抽出液」が配合されています。キンギンカ抽出エキスは、三省製薬が開発した成分。先週の「CITE JAPAN」にも三省製薬さんが出展されていたので、成分の詳しい資料もいただいてきました(技術者用の詳しい資料は、こういう展示会に行くと手に入りますし、お話もうかがえます)。

   キンギンカ抽出エキスには酸化や炎症の原因になるフリーラジカルを消去する作用、炎症性のサイトカインを産生させるNF-κBの活性化を抑える作用、細胞膜などリン脂質を分解する酵素ホスホリパーゼA2の活性化を抑える作用があるので、紫外線によるダメージの初期反応が抑えられ"日焼けしにくい肌"にしてくれます。紫外線による肌の炎症=赤みが抑えられた試験データも確認しました。

   原料メーカーの化粧品は、自社の成分を使えるのでコスト的に有利。そして、三省製薬では「成分の効果が実感できるように」というポリシーで化粧品を作っているとうかがっています。・・・そりゃそうですね。効果が得られるような自社製品があるからこそ、原料成分も売れるわけですから。

   というわけで、まず、このローションをつけてから日焼け止めをつけています。ダメージの防止効果も上がるはずですから。顔だけでなく、首、デコルテ、腕、脚など陽射しを浴びる部分にくまなく使いますがとろみが肌に触れるとみずみずしい液状に変わるテクスチャーやクールな使用感も気持ちがいいですよ。

   夏季限定商品ですが、冬以外はずっと使いたい一品です。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット