文字サイズ
標準
大きく

「五感を取り戻そう!」

   人間は二足歩行になって、手を使うようになり、大脳がどんどん発達した。これが人を人たらしめているが、反面、動物としての本能はどんどん退化した。

五感を取り戻そう!
五感を取り戻そう!

   こうして「文明」は発達したが、今人類はその副産物の公害のヘドロに溺れかかっている。それだけではない。動物としての自然な営みは本能にまかせればほぼ間違いがない筈だが、しばしば大脳が自分勝手の判断をして齟齬を来たす。

   つまりこの「大脳性と生物性の相克」が、ノイローゼだの、自律神経失調などの文明病を引き起こす。

   これを端的に是正し、バランスを取り戻すには、まず嗅覚に訴えるにしくは無いと、辻大介氏の調香を目のあたり、いや鼻のあたりにして気づかされた。

   嗅神経は解剖学的には脳に直結している為、本能のスイッチを即座にON、OFFしてくれるようだ。

   いずれにせよアンチエイジングのこれからの課題は、「退化した五感を磨く」ことにあるのではなかろうか。

   例えば、

   ①嗅覚:香水によって。
   ②視覚:アートそしてカラーセラピーなどによって。
   ③聴覚:例えば音楽療法など。モーツアルトとα波の関係はよく耳にするところ。
   ④味覚:新鮮な食材へのこだわり。これは楽しいですな。
   ⑤触覚:これはまさにスキンシップ。ハグは其の効果絶大。

   これらは全て視床下部で受け止められ、報酬系で脳内ホルモン(快感ホルモン)の分泌につながり、さらには交感神経、副交感神経のバランスを保つ。

   というわけでこれからの僕の新たな課題は「五感とアンチエイジング」乞うご期待!

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット