文字サイズ
標準
大きく

風邪には早めの対応

   そろそろ、キツ過ぎる冷房による不調に気をつけないといけませんね。特に、冷風があたる場所とか、事情によってその場所から動けない、というときは。

   ヤバイなー、と思っていたら、やはり。尋常でない汗と、頭痛・発熱。

   こじらせぬよう、早い対応が肝心。結果的に、治るのも早いです。

   冷えにより免疫細胞の働きが悪くなったのが原因なので、熱すぎず、ぬるくないお風呂(うちの場合は41度表示)に入り体が出したがってる汗をしっかり出しました。

風邪は早い対応が肝心
風邪は早い対応が肝心

   で、ミネラルウォーター飲んで、漢方薬。
漢方アドバイザー樫出さんが作った、風邪のときの漢方薬選びのチャートに沿って桂皮湯(ケイシトウ)を服用。

   そして、ビタミンC。ふだんより盛って服用。
そんなわけで、ともかく一晩で回復方向に。こんな季節ですが、しばらまマスクも持ち歩こうかなと。

   冷えにはご注意!
免疫細胞の戦力が低下するので、ふだんはやっつけてもらってるウィルスにやられますから。

   いわゆる"風邪"の80~90%はウイルスが原因だそうですよ。 このお話に関しては、また後日。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット