文字サイズ
標準
大きく

髄膜炎、カルバペネムは使わない

   肺炎球菌とインフルエンザ菌という重大な髄膜炎起因菌には効果的なワクチンが存在する。日本でこれが普及すれば、本疾患はまれなものとなり、治療についていちいち悩まないでよい状況になるかもしれない。なるといいな。

ガイドラインではカルバペネム推奨だが

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   細菌性髄膜炎については診療ガイドラインが存在する(細菌性髄膜炎診療ガイドライン2014 http://www.neuroinfection.jp/pdf/guideline101.pdf 閲覧日 2015年6月29日)。これによると、日本では年間1500例程度の髄膜炎が発生しており、そのうち7割は小児であるとされる。B群溶連菌の髄膜炎は日本ではまだ多く、特に生後7日以降に発症する「late onset disease」、LODが多い。また、妊婦のGBSスクリーニングでGBS感染症が減ると相対的に増えるとされる大腸菌も原因菌として重要だ。

   その後、年齢が上がっていくと肺炎球菌やインフルエンザ菌が原因となりやすくなる。まれに髄膜炎菌も原因となるが日本ではまれである。免疫抑制者(妊婦や高齢者、免疫抑制薬やTNF-α阻害薬を使用する患者、HIV感染者など)ではリステリアも重要だ。

   小児の髄膜炎については小児感染症専門家が本ガイドライン作成に参加しており、専門性のより低い私がコメントできることはほとんどない。最小阻止濃度(MIC)や耐性遺伝子の扱いなど、考えるべきところはあるが、ここでは述べない。あと、術後の院内感染は全く「別の病気」と考えているので、それもここでは述べない。

   さて、例によってこういうガイドラインは「とりあえず、カルバペネム」である。以下のような記載がガイドラインにある。

   米国感染症学会ガイドラインでは、2~50歳未満の第1選択として、「第3世代セフェム抗菌薬(CTXまたはCTRX)+VCM」が推奨されている。この初期選択は、抗菌薬のスペクトラムとしては十分である。しかし、米国のようにVCMが生後1ヶ月以後の全年齢で推奨され、その使用が広く増加した場合、VCM耐性菌の出現頻度が上昇することが予測され、この状況をできる限り抑制したいとの考えに立脚し、今回はカルバペネム系抗菌薬を第1選択として推奨した。

   ちょっと待ってくれと言いたい。バンコマイシンの耐性菌が懸念されることを根拠にバンコを使わないという選択肢を取るなら、同様の根拠でカルバペネムを使うことによるカルバペネム耐性菌の懸念は持たねばならない。あるロジックを1つの薬にアプライするのなら、他の薬にも同様のロジックをアプライするのは当然である。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット