文字サイズ
標準
大きく

「子どもの日焼け」こんなに危険とは 必読!ゼロ歳から始める紫外線対策

   紫外線はお肌の大敵。日焼け止めや日傘で対策をしている女性は多いだろう。しかし、子どもの紫外線対策は万全と言えるだろうか?

子どもほど紫外線の影響を受けやすい

日本人は子供の紫外線対策に無頓着?
日本人は子どもの紫外線対策に無頓着?

   長年にわたり紫外線を浴び続けると肌の老化を招いたり、健康に悪影響を及ぼすことは知っていても、子どものころからずっと紫外線対策をしてきた人はどれほどいるだろう。世界保健機関(WHO)によると、子どもは大人よりも紫外線による影響を受けやすいという。

   紫外線が皮膚や目、免疫システムに悪影響を及ぼし、その影響の強さは子ども時代に浴びた紫外線量に関連していることが多くの疫学調査からわかってきた。WHOは、18歳未満の日焼けは皮膚がんや白内障の発症リスクを高めたり、免疫系の機能低下を引き起こしたりすることから、子どもの紫外線対策の重要性を呼びかけている。

   アンチエイジング医師団の一人で再生未来クリニック神戸院長を務める市橋正光氏は、「紫外線対策がもっとも必要なのは子どもたち」と指摘する。

「紫外線を浴びると肌の表皮のほとんどの細胞や、真皮(表皮の内側にあり皮膚組織の大部分を占める)の細胞の一部の遺伝子に傷がつきます。赤ちゃんのころから紫外線を浴び続けると遺伝子は傷つけられ続け、修復の過程で細胞に異常が生じ、シミや皮膚がんになってしまいます。子どもは大人に比べて細胞分裂が盛んなため、傷ついた遺伝子が間違って修復される可能性が高い。同じ紫外線量でも子どものころに浴びるほど悪影響が多いのです」

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット