文字サイズ
標準
大きく

「楽しい記憶」がうつ状態改善する 脳細胞に光照射するマウス実験で

   理化学研究所の利根川進氏らの研究チームは2015年6月18日、うつ症状を示すマウスの海馬(記憶を司る部位)の活動を操作し、過去の楽しい記憶に関わる神経細胞を活性化することで症状の改善に成功したと発表した。

うつ病の新たな治療法開発となるか
うつ病の新たな治療法開発となるか

   うつ病は症状の個人差が大きいものの、過去の楽しい体験を正しく思い出せなくなるという共通の特徴がある。研究チームは、オスのマウスにメスのマウスと過ごすという「楽しい体験」をさせ、そのときに活動した脳の海馬の神経細胞に対し、光をあてると活性化させられる特殊なたんぱく質が作られるような遺伝子操作をおこなった。次に、オスのマウスの体を固定してストレスを与え、「嫌な刺激を回避する行動が減る」「本来なら好む甘い砂糖水を好まなくなる」といったうつ状態が引き起こされるようにしたうえで、楽しい体験が記録されている神経細胞に光を照射、活性化させた。その結果、嫌な刺激を回避したり、砂糖水を好むといった行動が復活し、うつ状態の改善がみられるようになった。

   研究チームは「神経細胞群の活性化によって、過去の楽しい体験で感じた喜びの記憶や感覚が呼び起こされ、症状が改善したことを示す」とし、うつ病の新しい治療法開発に応用していきたいとしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文

Activating positive memory engrams suppresses depression-like behavior.

DOI:10.1038/nature14514 PMID:26085274
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット