文字サイズ
標準
大きく

ひと目見ただけであなたの病気を予測 「見た目研究」はこんなに進んでいる

   検査をしなくても、「見た目」で老化の速さや病気のリスクを予測できる――そんな時代が近づいている。見た目と健康に関する最新の研究を紹介する。

血液検査より正確? 顔スキャンで老化度測定

見た目と健康の研究は進んでいる
見た目と健康の研究は進んでいる

   1つ目は中国からの報告。老化の速度を推定するには、顔スキャンの方が、血液検査をするよりも精度が高いという。研究の成果は2015年3月31日付の科学専門誌「Cell Research」で報告された。

   中国科学院の研究チームは、17~77歳の中国系の男女332人の3D顔面画像データを収集。同時に血液検査を行った。3D顔面画像のデータから、鼻が広がる、上唇が薄くなる、鼻と口の距離が広がる、目尻が下がるといった老化によって生じるいくつかの特徴をもとに顔の老化パターンを認識するマップを作成。これに基づいて年齢予測モデルを構築した。

   その結果、40歳までは実年齢が同じでも、見た目年齢(facial age)には最大6歳の差があり、40歳を超えるとその差はさらに広がった。この年齢予測モデルを用いて分析を進めたところ、研究チームは見た目の老化の速度は健康状態に左右されることを確認した。また、老化の速度を推定するうえでは、顔の特徴を見る方が血液検査よりも信頼性が高いことが分かった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット