文字サイズ
標準
大きく

『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』岩田健太郎/著(光文社)

『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』
『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』

   「本当に効くのか?」「副作用は?」予防接種に対する懐疑的な意見はあとをたたない。なぜ、ワクチンは嫌われるのか。本書は開発と副作用による事故の歴史にも触れながら、現在の日本の医療政策、医療の受け手側の問題点を明らかにしていく。感染症を専門とする著者がワクチンの「好き嫌い」、「正邪」の部分を切り離して解説する、新しいワクチン論。

 
 
 
 
 
 
目次
第1章●ワクチンをめぐる、日本のお寒い現状
第2章●ワクチンとは「あいまいな事象」である
第3章●感染症とワクチンの日本史 戦後の突貫工事
第4章●京都と島根のジフテリア事件 ワクチン禍を振り返る
第5章●アメリカにおける「アメリカ的でない」予防接種制度に学ぶ
第6章●1976年の豚インフルエンザ アメリカの手痛い失敗
第7章●ポリオ生ワクチン緊急輸入という英断 日本の成功例
第8章●「副作用」とは何なのか?
第9章●「インフルエンザワクチン」は効かないのか? 前橋レポートを再読する
第10章●ワクチン嫌いにつける薬

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット