文字サイズ
標準
大きく

慶應義塾大学文学部125年記念公開講座 心理学と文学から「美」を読み解く

2015年7月18日、慶應義塾大学三田キャンパスにて開催
2015年7月18日、慶應義塾大学三田キャンパスにて開催

   慶應義塾大学文学部は、創設125周年を記念する公開講座「行動する文学部」を2015年7月18日、三田キャンパス(東京都港区)で開催する。

   慶大文学部は2010~13年まで開講していた公開講座「文学部は考える」の内容を一新。創設125周年を迎えた2015年、記念事業の一環として、6月から新たに「行動する文学部」をテーマに、全4回の公開講座を開講している。

   第4回となる最終講義の内容は「美をめぐる物語」と題し、異なる2つの立場から美を読み解いていく。

   心理学専攻の川畑秀明准教授は心理学、脳科学の領域から心や脳が外見的な美をどのように捉え、追求するのかを担当し、仏文学専攻の井上櫻子准教授は、文学の中での自然における美の描かれ方を担当する。予約不要で、受講料は無料。

医師・専門家が監修「Aging Style」

問い合わせ先
慶應義塾大学三田キャンパス 学生部内文学部公開講座事務局
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
E-mail bun125-info.keio.ac.jp
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット