文字サイズ
標準
大きく

高齢者のうつ病発症者は野菜不足 では野菜ジュース飲んだらどうなる

   伊藤園と筑波大学の共同研究チームは2015年6月4日、毎日の食事に加え、野菜100%ジュースまたはビタミン強化型の野菜・果実ミックスジュースを飲んでいる人は、飲んでいない人と比べ、抑うつ状態や不安状態が改善されると「WPA Regional Congress 2015」で発表した。

BDIスコア:抑うつの程度を表すスコアで、低いほど不安度が低い(伊藤園プレスリリースより)
BDIスコア:抑うつの程度を表すスコアで、低いほど不安度が低い(伊藤園プレスリリースより)

   これまでに高齢者を対象とした調査で、うつ病を発症している人はそうでない人よりも野菜の摂取量が少ないとの報告があり、野菜に含まれるカロテノイドやビタミンといった栄養成分がうつ病発症リスクを低減される可能性が指摘されていた。

   研究では抑うつぎみの25~60歳の男女60人について、野菜100%ジュースを1日1本摂取するグループ、野菜・果実ミックスジュースを1日1本摂取するグループ、飲料を摂取しないグループの3つに分け、12週間に渡って抑うつ度や不安度を自己評価型テストで調査した。その結果、野菜100%ジュースを飲んでいたグループとミックスジュースのグループは、12週間後に抑うつ度と不安感が有意に改善されたという。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット