文字サイズ
標準
大きく

家事は高齢者にとって何よりの薬か 身の回りが清潔だと心も体も健康

   米オハイオ州、ケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究チームは、高齢者の精神、肉体の健康に有効なのは、自身で家事をこなし、家の中を整理整頓しておくことだと発表した。

健全な肉体と精神は家事から
健全な肉体と精神は家事から

   研究チームは高齢者の人種や年齢、性別、教育、収入、運動などの要素が、身体機能や精神面にどのような影響を与えるのか調査するため、2008年に米国の公的医療保険制度「メディアケア」と「メディケイド」に登録した、65~94歳の障害や慢性疾患を持つ高齢者337人のデータを分析。さらに全員にインタビューや健康診断を実施し、普段の生活内容や健康状態を確認した。その結果、日常生活になんらかの支障があっても、可能な限り自分で家事をおこない、身の回りが清潔で整理された状態を維持しようとする高齢者はそうでない人と比べ、身体機能や精神状態が健全だった。この結果は、貧困地域在住や低収入であっても変わらなかったという。

   発表は2015年5月15日、米国介護看護協会誌「Geriatric Nursing」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Factors that influence physical function and emotional well-being among Medicare-Medicaid enrollees.
DOI: 10.1016/j.gerinurse.2015.02.022 PMID: 25784082

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット