文字サイズ
標準
大きく

日本酒飲んで「しっとり美肌」に 金沢工大、清酒の保湿効果研究

   金沢工業大学は2015年7月1日、日本酒(清酒)に含まれるうまみ成分である「α-エチル-D-グルコシド(α-EG)」に、低濃度でも水分保持効果があり、飲用しても保湿効果が得られると発表した。

酒のうまみにまさかの美肌効果
酒のうまみにまさかの美肌効果

   α-EGは麹菌によって作られる糖質で、日本酒に0.3~0.5%程度含まれ、甘みや苦み、辛みが混ざった独特の味を持ち、酒の風味や香りとなる。これまでの研究で、肌荒れを予防する保湿機能を持つことは知られていたが、高濃縮されたものを数日間肌に塗る必要があるとされていた。しかし今回の研究の結果、0.03%という低濃度のα-EGでも、肌に塗ってから15~120分程度で保湿効果を発揮し、さらに塗るだけでなく飲用しても皮膚組織の大部分を占める真皮層の細胞数(線維芽細胞数)を増やし、保湿効果が高いコラーゲンの生産量を増やすことがわかった。

   金沢工大では、低濃度での保湿効果が確認されたことで、洗顔石鹸やシャンプー、スキンケア製品に配合したり、コラーゲンを真皮内で増やす美容機能食品の開発につなげられるとしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット