文字サイズ
標準
大きく

理研「染色体数異常」の原因究明 高齢出産のリスク低減目指す

   理化学研究所は、妊娠時の年齢が上がるほど卵子の染色体数異常が起きやすくなる原因が、「コヒーシン」というたんぱく質の減少だったと2015年7月1日に発表し、同日付で英科学雑誌「サイエンス」オンライン版にも掲載された。

高齢出産のリスク要因をなくせるか
高齢出産のリスク要因をなくせるか

   通常、卵子は「卵母細胞」と呼ばれる細胞が分裂し、対になっている染色体を均等に分配して作られる。年齢が上がると均等に分配されず、染色体数異常となる卵子が増えるが、その原因はわかっていなかった。理研の発表によると、染色体数異常がある卵子は受精してもほとんど出産まで至らず、先天性疾患を引き起こすという。

   理研は老化したマウスの卵母細胞の分裂を撮影。染色体や染色体に関わるたんぱく質の動きを追跡し、染色体分配の過程を観察した。その結果、染色体の接着因子となるたんぱく質であるコヒーシンが減少し、不安定になった染色体が通常よりも早くに分配され、数が不均一になっていることがわかった。不妊治療患者から提供されたヒトの卵母細胞でも、同様の現象が確認されたという。

   コヒーシンは加齢によって減少することがわかっており、研究チームは今後、その原因を明らかにし、高齢出産のリスク低減につなげていきたいとしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Bivalent separation into univalents precedes age-related meiosis I errors in oocytes.
DOI: 10.1038/ncomms8550 PMID: 26130582

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット