文字サイズ
標準
大きく

はじめての熱中症

   おはようございます。梅雨も明け、すっかり夏な東京です。

   うっかりお食事ネタを続けてアップしてしまいましたが(予約投稿ね)、先週末のワタクシ、初めての熱中症でダウンしておりました。とはいえ、最初から「熱中症だ!」と思ったわけでなく風邪だと思い込んだおマヌケな対応をしてしまい、その結果丸2日もほとんど寝ていたという...。

毎朝、梅干し1個を食べることに。気仙沼の弟夫婦が作った、塩とシソしか使ってない、昔ながらのしょっぱいタイプ(2~3年モノ)
毎朝、梅干し1個を食べることに。気仙沼の弟夫婦が作った、塩とシソしか使ってない、昔ながらのしょっぱいタイプ(2~3年モノ)

   熱中症になったことのない方、こんなふうに症状が進むこともあるので、ご参考まで。体調がおかしいなと思ったのは金曜日の夕方。妙にだるいし、足の指がつるし、アタマも痛い。

   まぁ、週末金曜だし、ずっと休んでないし、暑いし、疲れでしょうと。帰宅してからはヨーグルトドリンク飲んで、お風呂で温まって筋肉をほぐし、風邪の漢方薬を飲んで、寝ました。

   翌土曜日は、聴きに行きたかった講演会があったので一旦起きて、出かける気持ちがあったものの、体が重だるくてすぐに横になりました。何度か目が覚めたけれど、だるさが抜けず。合い間にビタミンと水分を補給して、ずーーっと寝てました。

   そして日曜日。たくさん寝たし、動いてれば調子も出てくるだろうと家事などをし、仕事も、と始めてみたら、受信メールの内容さえなかなかアタマに入らず。お肉でも食べて元気になろうと、野菜やキノコと炒めてムスメとお昼にするも、たいして食べられず。

   食後はマッサージチェアでうたた寝してしまうし、やっぱりまだ調子が悪く、夕方に横になりました。翌日の月曜日には名古屋に行く予定があったので、なんとしても回復しなければと思いながら友人にメール。

   動きたくないほどのだるさ、頭痛、足のつり、ちょっと吐き気があると症状を伝え、最近食べたもの、飲んでるものを聞かれ、その結論は、

   「あなた、それ熱中症!」

   えぇーーーー!

   「塩分が足りてない!」

   何日か、1日2食の日が続いてました。朝はフルーツヨーグルトだし、もう1食はたんぱく質食材も入ったサラダ。オイルとビネガーでいただくので、塩や醤油をかけることもなかったし、お味噌汁を飲むこともありませんでした。

   なのに、シャワーや入浴、仕事での移動で汗はかくし、水分補給は炭酸水かお茶、という状態。塩分、ほとんど摂ってませんでした。

   "熱中症には水分補給"と言われているから、安心してたんですけどね。まさかの、塩分不足。

   日曜の夜にポカリスエットを飲み、お塩も少しなめたら、月曜には頭痛もおさまって、動けるようになりました。塩って、こんなに体に影響すること、初めて実感しました。塩分摂取が少なめの方、お気をつけくださいね。

   外出ができた月曜日、バスケ部出身の医師と医療関係者に言われました。

   「自分の汗をなめてしょっぱかったら、体内の塩分が減ってるんだから、塩なめなきゃダメよ。バスケやってると常識だけどね」

   私、マトモに続けたスポーツは水泳のみ。

   「あーー、水泳部はわかんないよね」

   はい、汗だけなめるのって、たぶん無理。

   連日、ニュースで「救急搬送が○○○名」と報じられてますが救急未満の熱中症の人は、もっともっといるんですよね。汗をかいたら塩分も、意識して摂りましょう。妙にだるいと感じたら、塩分不足かもしれませんよ。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット