文字サイズ
標準
大きく

スカーレスヒーリングの第一人者である貴志君とディナー

   今日は、品のない言い方をすれば、メッチャ忙しかった。でも楽しかったのは、貴志君とアメリカンクラブで食事が出来たことである。

スカーレスヒーリングの第一人者貴志和生教授と
スカーレスヒーリングの第一人者貴志和生教授と

   慶応の形成外科の若手の教授で、スカーレスヒーリングの第一人者。

   残念なのは彼の手を借りても、まだ人ではスカーレスヒーリングは可能になってないことである。

   そうですなぁ、やっぱり人間をヤモリに戻さないと不可能かな、スカーレスヒーリングは。と首をかしげていた。人は瘢痕組織でキズは治るが、ヤモリや下等動物は再生で治るからである。

   このことはまた別の機会に...。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット