文字サイズ
標準
大きく

クリニックのスタッフも希望者が多い「プラセンタ製剤」 アンチエイジング効果はあるのか

   最近、アンチエイジングがらみで「プラセンタ」という言葉を耳にされるでしょう。肌が荒れたからプラセンタを打ってもらったとか、疲れたからちょっと一本とか。

プラセンタ製剤の注射を受けると献血ができなくなります
プラセンタ製剤の注射を受けると献血ができなくなります

   そもそもプラセンタとは胎盤のことで、そこから抽出したエキスを医療用に認可したのがプラセンタ製剤です。

   現在ではメルスモンとラエンネックの二つの製品があり、製法が少し違うだけですが、前者は更年期障害、後者は肝機能障害に対して保険が適用されます。

   そのほか経験的に美肌効果があるとか、疲労回復によいとかで、いわゆるアンチエイジング目的で使用されることが多くなってきました。もちろん、この場合は保険適用にはならず自費ですが。

   主要成分は、成長因子とかアミノ酸などといわれていますが、全部が把握されているわけでなく、その働き方の解明もこれからでしょう。そういうと何か不安な気がしますが、確かに効果はあるようです。

   というのはこれを使用しているクリニックなどでは、患者さんだけでなく、看護師や受付などの従業員が使用を希望することが多いからです。サプリや代替療法全てにいえることですが、臓器別の疾患を標的とした西洋医学の薬剤と違い、効果の検証は難しいものです。何となく気分が良くなったとか、元気が出てきたといった次元の問題で、今流行の数値化されたエビデンス・ベイスド・メディシン(科学的根拠に基づいた医療)には馴染まない。

   ま、本人が効くと思い、さしたる副作用がなければいいじゃないか、後は懐との相談というのが現状といえます。決して水を差すわけではなく、興味のある方は医師と相談されて試されたらいかがでしょう。この二つの製剤を使用している医師たちはその効果を認めており、それぞれが研究会を設け、研鑽に励んでおられます。

   一つだけ承知していただきたいのは、一度この注射を受けると献血ができなくなるということです。製造過程で充分安全性はチェックされていますが、未知の成分もありうるので、念には念を入れてということのようです。

   以上述べたことは医療用の胎盤製剤のことであり、これらは人の胎盤を使用しており、クリニックでしか使うことは出来ません。薬局やネットで一般に売られているのは、主として豚由来のものであり、また原材料や工程の規制、効果の検証など医療用ほど厳しくありません。[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、アンチエイジング医師団代表]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット