文字サイズ
標準
大きく

「女性用バイアグラ」いよいよ承認目前 気になる「効果と安全性」を探る

承認されれば、日本でもニーズはありそうだが
承認されれば、日本でもニーズはありそうだが

   米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は6月4日、「女性用バイアグラ」といわれる薬剤「フリバンセリン」について、FDAに対して承認を促した。初の「合法」女性向け性機能障害治療薬となるか。承認の是非をめぐり期待と不安の声が入り混じっている。

4割以上が効果実感の半面、副作用で入院するケースも

   「女性用バイアグラ」または「ピンクバイアグラ」という別名から誤解されやすいが、バイアグラが男性機能不全の治療薬として用いられるのに対し、フリバンセリンは女性の性欲を刺激する薬だ。つまり、女性を「その気にさせる」薬ともいえる。

   もともと独のベーリンガー・インゲルハイム社によって抗うつ薬として開発されたフリバンセリンは、ドーパミンとノルエピネフリンという性欲を刺激する神経伝達物質の分泌を促すと同時に、性欲を減退させるセロトニンの分泌を抑制する効果があることから、閉経前の女性の性的欲求低下障害(Hypoactive Sexual Desire Disorder、HSDD)治療薬としてFDAに申請された。しかし、めまいや吐き気、眠気、失神などの副作用に対し、薬の効果が不十分であるという理由で、過去に2回FDAに承認を却下された経緯がある。ある米国の女性団体はFDAに対し、「男性の性的機能障害に対する治療薬はあるのに、女性向けの治療薬がないのは性差別だ」と訴え、フリバンセリンの承認を強く希望している。

   1回目の申請が却下された際にベーリンガー・インゲルハイム社から製造等の権利を引き継いだ米スプラウト・ファーマシューティカルズ社は臨床試験を続け、今回、1万1000人の女性を対象に24週間にわたって実施された試験において、フリバンセリンを服用した女性のうち43~60%が効果を実感したと報告した。しかし、何人かの女性は副作用のために服用を中止し、入院に至ったケースもあったことから安全性を疑問視する意見もある。

   ある種の避妊薬やアルコールと同時に服用することで副作用が強まることや、乳がんリスクが高まる可能性も指摘されているが、現在、女性のHSDDに対する治療薬が存在しないことから、FDAの諮問委員会は薬の危険性に対する警告をラベルに明記し、使用法について十分な説明がなされることを条件に、フリバンセリンを承認すべきと判断した。中 にはフリバンセリンがデートレイプに悪用される可能性を懸念する委員もいたが、スプラウト・ファーマシューティカルズ社は「フリバンセリンは遅効性で、眠気を感じることはあっても、正体を失うようなことはない」と説明している。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット