文字サイズ
標準
大きく

榎木孝明さん「不食生活」と体の影響を考える 誰でも集中力増し、睡眠深くなるのか

   俳優の榎木孝明さん(59)が30日間、ほとんど水しか摂取しない「不食」生活を実践して話題となった。無事終了した榎木さんを見て、健康法として有効だとする声も出ている。 しかし、「食べない」という行為が本当に健康促進につながるのだろうか。

不食と断食、絶食の違いは?

過食、不食と極端にならないのが大切
過食、不食と極端にならないのが大切

   榎木さんの不食は、文字通り「食べない」生活だった。「断食」や「絶食」とどう違うのか。断食は「本人の意思で食べない」のに対し、絶食は手術や健康診断など、「理由があって食べられない」状態を指す。榎木さん自身は、どちらでもない独自の取り組みとして不食と表現しているが、榎木さんの意思で食べないのだから、実態は断食だ。

   その内容は、病院の研究室に泊まり込み、医師の協力のもとで血液検査や検尿、心電図検査を毎日受け、基本的には水だけを摂取するもの。榎木さんが自身のフェイスブック上で公開している「不食ノート」によると、不食生活開始から10日目前後には低血糖でだるさを感じ、コーヒーに砂糖を入れて飲んだり、医師から塩分不足を指摘され塩飴をとっていたと明らかにしている。実践中は「一日の内に体が調子いいときとだるいときが波のように繰り返します」と、常に体調がよかったわけではないようだが、断食生活終了後の取材やテレビの会見では「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた」とアピールした。

   榎木さんは健康のために不食を実践したわけではなく、「飽食への疑問」や「自分の意識の改革をしてみたかった」のが動機だったと説明している。一方で、不食生活の結果さまざまな健康効果を感じた点が、大きく報じられたのも事実だ。だがアンチエイジング医師団の塩谷信幸医師は、その効果に疑問を感じるという。

   「集中力や本を読むスピード、睡眠の深さなどは、あくまで榎木さんの主観的な感想です。これをもって健康になったかどうかを論じることはできません」

   断食後の内臓や脳の状態、骨量、筋量、睡眠中の体温や血圧、ノンレム睡眠の有無を具体的に提示し、以前の状態や健康とされる数値と比較しなければ、本当に榎木さんが健康になったのか判断できないというわけだ。

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット