文字サイズ
標準
大きく

コーヒーの「クロロゲン酸」で肥満解消 マウス実験、運動量とエネルギー消費も増大

食後のコーヒーは理にかなっている?
食後のコーヒーは理にかなっている?

   米オハイオ州トレド大学の研究者によると、クロロゲン酸を与えたマウスは、高脂肪食をとっていても肥満やインスリン抵抗性(臓器や筋肉にブドウ糖を取り込めず血糖値が上がりやすい状態)の改善が見られたという。クロロゲン酸はコーヒー豆に豊富に含まれるポリフェノールの一種。

   研究はマウスを2グループにわけ、7週間高脂肪食を与えて飼育し、片方のグループにのみ後半の3週間、毎日クロロゲン酸を0.15ミリグラム与え、与えていないグループと体重や血糖値の状態を比較するというもの。その結果、クロロゲン酸を与えられたグループは与えられていないグループに比べ、体重が平均3グラム減少しており、インスリン抵抗性にも改善が見られ、血糖値が安定した状態になっていた。また、クロロゲン酸を与えられたマウスは、自発的な運動量とエネルギー消費量が増加していたという。

   研究者らは「今回の研究はマウスでのもので、クロロゲン酸が直接血糖値を改善しているのか、何らかの理由でエネルギー消費や運動量を増加させているのかはわからない」としつつ、食事制限や運動療法を継続することができない人の肥満解消に利用できるのではないかとコメントしている。

   発表はオープンアクセスの栄養学誌「Nutrition & Metabolism」オンライン版で、5月22日に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット