文字サイズ
標準
大きく

シナモンとペパーミントに驚きの効果 傷口に付けたら有害な菌も「参った」

   菌膜ともいわれる微生物が集合してできる「バイオフィルム」。人体にできるものとしては歯垢、さらに長期間ふさがらない傷や手術用のカテーテルなどに黄色ブドウ球菌のような有害な菌が作り出すものもある。重症化すると外科手術で切除しなければならない。

身近な食材が有用な抗菌成分に
身近な食材が有用な抗菌成分に

   米マサチューセッツ大学の研究者らは、シナモンとペパーミントの精油から抽出した抗菌物質がバイオフィルムの除去に有効であると発表した。

   研究者らは、抗菌作用があるとされるシナモンオイルから抽出した「シンナムアルデヒド」という物質とペパーミントオイルをマイクロカプセル(ミクロン単位の極小のカプセル)に入れ、バイオフィルムが発生している患者の傷に投与した。その結果、抗生物質が効かなかった菌を含め、バイオフィルムの除去に成功。肌にできた傷跡を再生する機能を持つ「線維芽細胞」という細胞を活性化させ、治癒を早めることもわかった。

   発表は米化学会誌「ACS NANO」オンライン版で2015年6月25日に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Nanoparticle-Stabilized Capsules for the Treatment of Bacterial Biofilms.
DOI: 10.1021/acsnano.5b01696 PMID: 26083534

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット