文字サイズ
標準
大きく

50代以上の男性に多い喉頭・口腔がん 発症リスク低減にこの野菜をどうぞ

香味野菜ががん発症率を下げるかも
香味野菜ががん発症率を下げるかも

   イタリア、ミラノのマリオ・ネグリ薬理学研究所を中心とする研究チームは、喉頭がんや口腔がんの発症率が、タマネギやニンニクの消費量が多い人ほど少ない傾向にあると発表した。喉頭がんはのどの奥、口腔がんは口の中にできるがんで、どちらも50歳以上の男性に多く、喫煙、飲酒などが発症リスクといわれる。

   研究チームはこれまでに欧州で実施された喉頭がん、口腔がんの大規模研究8件を調査。健康な成人7082人のデータと4590人の喉頭、口腔がん患者のデータを比較し、食生活とがんの発症について統計的に分析した。その結果、ニンニクをまったく消費しない、あるいは週にひとかけら以下しか食べない人に比べ、ニンニクを週2~3かけら以上消費する人は喉頭、口腔がんの発症率が26%低かった。また、タマネギの消費量が1週間に4分の3玉以上の人は、週4分の1以下の人に比べ発症率が17%低く、特に喉頭がんの発症率が低下していた。

   発表は栄養生化学誌「Molecular Nutrition & Food Research」オンライン版で、2015年7月2日に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット