文字サイズ
標準
大きく

「コレステロール高め」でもメリットあり 乳がんリスクとの関係とは

   過去に発表された複数の研究の調査から、血中の脂質量の目安となる「総コレステロール値」や、「HDL(善玉)コレステロール値」が高いほうが乳がんの発症率が下がると、仏パリ大学と英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームが発表した。

ネガティブイメージのあるコレステロールだが
ネガティブイメージのあるコレステロールだが

   総コレステロール値はHDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールなど血中に含まれるすべてのコレステロール値を合計した値。極端に上昇すると、脂質代謝(血中の脂質の循環)の異常が疑われるが、低すぎてもなんらかの異常が生じるため、健康診断での基準値は1デシリットル中140~199ミリグラムとされている。

   研究チームは2014年1月までに米国立医学図書館の医学、生物学論文検索サービス「PubMed」に発表された、乳がんの発症率や発症リスクと血中コレステロール値の関係を調査した研究を分析。その結果、複数の研究で総コレステロール値やHDL(善玉)コレステロール値が高いほど乳がんの発症率が低いとされていた。研究チームは「今回の調査ではコレステロールが乳がんに与える影響まではわからないものの、統計的に有意な関係にあると考えられる」とコメントしている。

   論文は英国栄養学会誌「British Journal of Nutrition」オンライン版で、2015年7月15日に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット